typewriter

電報とは、相手への挨拶状として電話会社が代わりに行ってくれるサービスです。
これらは主に、祝電や弔電といった形でスピーディーに相手のもとへ届くようにされています。
いろいろな事情でその場へ駆けつけられない人が、このようなサービスを多く利用しています。
現在は「115」番へ電話をすると、オペレーターの案内に従って依頼することができます。
そして台紙付きのものや定例分なども利用することができるので、便利なサービスとなっています。
これらに似たサービスとして、グリーティングカードがあります。
これは、世界各国で同じく挨拶状として利用されています。
日本でも、文具店や雑貨店などで販売されています。
誕生日やクリスマスカードといった種類があり、カードに絵や飾りが付いているものが多いです。
最近では、このグリーティングカードがネットのメールというサービスで利用することができます。
挨拶に応じたテンプレートが用意され、文字の色や大きさも自由に選ぶことができます。
若い人を中心に、気軽に利用できるサービスとして人気を呼んでいます。

サービスによる費用の違い

この電報を利用するときにかかる費用は、漢字を使ったり文字数によっても違ってきます。
その他にも、依頼した日が当日または3日前によっても違いがあります。
そして、電話かネットによる依頼方法でも料金が設定されています。
例えば祝電や弔電で、25文字以内で電話で当日依頼した場合は税抜700円となっています。
これらは、合計料金としてオペレーターが案内しています。
そして電報のオプションとして、祝電の場合は押し花やメロディが台紙に使われているサービスがあります。
高価なものになってくると、うるし加工の台紙や花束と一緒に贈られるものもあります。
このようなオプションによっても、料金がそれぞれ設定されています。
この電報の費用は、依頼してきた電話番号の毎月の電話代にて請求されます。
これらは、電話の請求書の明細にて詳しく掲載されています。
このように、細かく料金が設定されているので事前に理解してから利用しましょう。
その他にわからないことがあれば、オペレーターに質問してみるのもいいでしょう。

オススメリンク

typewriter03

メールでは伝えられない思い

現代はインターネットが盛んな時代であり、人にメッセージを伝える場合もスピードが重要視されています。一方、なかに […]Read more
typewriter02

電報の種類には

最近の電報は読み手の気持ちを考えて実に多様な種類が販売されています。人気キャラクターのぬいぐるみが添えられた祝 […]Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031