畳の手入れ方法

2つのマンション

畳は、日本のように四季の変化がはっきりしている気候に、非常に適した敷物です。表部分はイ草で織られており、天然のイ草は断熱効果や浄化作用等があります。また、畳は音を吸収してくれる空気層を持っています。その為、階下への音が軽減されるので、近隣対策としても重要な敷物と言えます。 畳を長く愛用する為には、手入れが非常に重要になってきます。手入れする際のポイントとして、掃除機をする時には、畳の目に沿って掃除機を掛ける事です。目に沿って掛ける事で埃等が取れやすく、風通しを良くする効果があります。 次に気をつけて頂きたいのが、拭き掃除です。濡れた雑巾で拭いてしまうと光沢が取れて、白く変色する事があります。できるだけ、乾いた雑巾を使用するか、雑巾を硬く絞って使用してください。 いずれにせよ、畳は早期手入れが非常に重要です。何かを溢した際には、すぐに拭き掃除をする事が、長く愛用できる秘訣です。

現在、畳は一戸建てだけでなく、マンションでも和室に使用されています。しかし、賃貸のマンションやアパートに和室が無い場合も少なくありません。どうしても和室が欲しいと言う方にお勧めしたいのが、置き畳です。 これは、フローリング等の上に敷くタイプの物です。通常の物よりも薄くて軽いのが特徴として挙げられます。また、部屋に合わせて自由に好きなだけ設置できます。洋風でありながら、和風を演出できるインテリアとして人気が出ています。タイプも様々で、イ草タイプから麻を使用したタイプ、撥水性があって汚れにくい水草タイプ等、種類も様々です。 畳は、古くから日本人に親しまれ、日本人の為の敷物と言っても過言ではありません。この為、現在でも多くの日本人に親しまれています。洋室ばかりで和室が無い方には、価格も安価で設置も簡単にできる、置き畳をお勧めします。